スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーグラスのチョーカーと素敵な贈り物

---久しぶりに新しいアクセサリーが誕生しました。---

CIMG8322(1).jpg
・[001]淡いブルー、リーフグリーン、ボトルグリーンのシーグラスを並べたシンプルかつ、存在感のあるチョーカーです。


CIMG8320(1).jpg
・[002]こちらは、淡いグレー、ボトルグリーン、マリンブルーの組み合わせ。
ビーチコーマーの方ならご存知かと思いますが、グレーのシーグラスは数が少なく、かつ綺麗な形の物はとても貴重です。


CIMG8317(1).jpg
・[003]定番のブルー系の組み合わせですが、爽やかな飽きのこない色で人気です。ビーチコーミング中は同じように見えても綺麗に洗浄・エンハンスドすると微妙にどれも色が違う事がわかり、昔はいろいろなガラスがあったのだなぁと感じさせられます。

このシーグラスチョーカー達は、最初数個のみ作っていたのですが、とても人気ですぐに売り切れてしまったので再生産しました。


CIMG8324(1).jpg
・着用画像です。少しゆったり目に作ってあるので、男女問わず着けれます。


アクセサリーは販売可能商品です。メールorコメント、Twitterにてお問い合わせくださいませ。
------製品紹介------
☆いずれも各1,500円です。
☆紐は四つ打ちレザー使用。
☆アンティークカラーのピュータービーズ留め、同じくアンティークカラー(金古美)のアジャスターが付いています。
☆全長50cm(アジャスター含む)・シーグラス約2.0cm×2.2cmです。(写真と実物は若干異なる場合があります)


---素敵な贈り物をいただきました。---

先日、Twitterでの友人、真生さんがシーグラスチョーカーを購入して下さったのですが、その真生さんから可愛らしい箱が届きました。箱をあけるとなんと!色とりどりの貝殻たち!!
CIMG8327(1).jpg
CIMG8329(1).jpg
鋸南、館山、銚子、気仙沼大島の貝たちだそうです。山陰では、なかなか目にする事がない美しい貝にとても感動しました。真生さん、ありがとう♪


CIMG8327(1).jpg
CIMG8329(1).jpg
スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

シーグラス(ビーチグラス)のランプシェードの作り方

前回の『海の宝物!シーグラスと貝殻のランプシェード』がなかなか好評でしたので今回は写真付きで作り方を載せたいと思います。


※今回はこちらのタイプのランプシェードを作ります※
CIMG7697(1).jpg


☆まず材料をそろえましょう☆
CIMG7792(1).jpg
CIMG7664(1).jpg
・こちらは家の近所の海岸で拾ってきた貝殻たち(上段)とシーグラス、市販のおはじき、ガラスナゲットなど(下段)です。
貝殻は1~5cmくらいのものがベストです。模様の綺麗な物、形の面白い物がオススメです。



CIMG7665(1).jpg
CIMG7661(1).jpg
・木工用ボンド、ガラス用セメダイン(透明なもの)、コード付きソケット(中間スイッチ付き/3A/125V/口金17mm)
これらはホームセンターなどで入手できます。
  
※コード付きソケットはソケットやコード単体でも買えますが、ハンダやニッパーを使用するなどいろいろ手間なので組み立ててある物を購入するのが無難です。また、自分で組み立てた電気製品はPSE法により販売できない事になっています。
・写真にはないですが、ゴム風船、和紙(ティッシュでも可。ランプシェードの土台を作るのに必要です)
・皿、木片、木ネジ(コードつきソケットを固定します。固定できる物であれば鍋敷き、木の板などもオススメです)
・口金が17mmの豆電球(100均などで購入できます)
・筆、空き容器、養生テープ(セロハンテープでも可)、綿棒、透明マニキュア、手や机が汚れないようにゴム手袋や新聞紙もあると便利です。


☆いよいよ制作スタート☆
CIMG7662(1).jpg
・まずランプシェードのベースを作ります。ゴム風船を直径10~15cm程度に膨らませ、空き容器にテープで固定します。

CIMG7666(1).jpg
・木工用ボンドを水で溶いたもの(ボンド2:水1)を筆で風船の表面に塗り、適当に切った和紙を張り付けていきます。風船の2/3程度が目安です。

CIMG7667(1).jpg
・すべて貼り終えたら、上からさらにボンドを塗り、和紙を重ねていきます。

CIMG7668(1).jpg
・こちらは3~4回和紙を貼り重ねたものです。このまま直射日光の当たらない所で乾かします。


☆コード付きソケットを固定します☆
CIMG7689(1).jpg
・皿に木片をガラス用セメダインで固定します。私は安定性を考えて陶器の皿にしてますが、鍋敷きや木板を使う場合はこの工程は省き次の段階に進みます。

CIMG7690(1).jpg
・コード付きソケットをなるべく水平に置きます。

CIMG7691(1).jpg
・ソケットを木ネジで固定します。この時、あまり強く締めるとソケットの陶器が割れるおそれがあるのでソケットと木片が動かなければOKです。


シーグラスや貝殻で飾り付けをします☆
CIMG7669(1).jpg
・ベースにガラス用セメダインで貝殻を貼り付けていきます。全体のバランスを見ながら貼っていきましょう。セメダインが乾くまでテープで固定すると作業が早いです。

CIMG7679(1).jpg
・貝殻のすきまにシーグラスやおはじきなどを貼り付けていきます。綿棒を使ってセメダインを塗るとやりやすいです。

CIMG7684(1).jpg
・全体が乾いたら、透明マニキュア(トップコート)を塗ります。透明感もアップするし、作品の保護にもなります。
セメダインやマニキュアは揮発性の溶剤なので換気を必ず行ってください。

CIMG7688(1).jpg
・マニキュアが乾いたら風船を割り、そっとはがします。
・ひっくり返し、できたベースの下の部分に5mm程度の切り込みを入れます。これはコードが通る部分なので必ず入れて下さい。
・周囲を補強します。私は装飾もかねて残ったおはじきをぐるっと貼り付けました。

CIMG7687(1).jpg
・全体が完全に乾けば出来上がりです。


☆さっそく点灯してみましょう☆
CIMG7694(1).jpg
・先ほど作ったソケットに電球をはめ込みます。

・できたランプシェードの切り込みをコードが通っている場所に合わせ、かぶせます。
プラグをコンセントに差し、スイッチON!!!


素敵なランプシェード、できましたか……?

※たくさん拾ったシーグラスや貝殻でランプシェードを作ってみたくていろいろ試行錯誤した結果、シーグラスを少しづつ積み上げたりモザイクのように組み合わせていくやり方より、風船と和紙をベースにした方が作りやすかったので、この方法に落ち着いています。
制作時間も2~3日ほどで出来ますので、これからのシーズン、海で遊んだ思い出を作品に仕立ててみるのはいかがでしょうか…?
また、刃物や特殊な工具をほとんど使わないので夏休みの工作にもオススメです。

※作品を作ってみた!または作ってみたいけどもっと詳しい事が知りたい!という方はご遠慮なくご一報くださいませ。
作品作りの励みになりますので(^-^)

★いつもご訪問ありがとうございます♪足跡がわりに画像↓をぽちっと押してくださると嬉しいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
(ハンドメイドアクセサリーブログ)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
にほんブログ村
(海辺の暮らしブログ)

テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

海の宝物!シーグラスと貝殻のランプシェード

ビーチコーミングで出会ったシーグラスや模様の綺麗な貝がらなどの宝物をランプシェードにしてみました。


CA3H1742(1).jpg
・『シーグラスと琉球ガラスのお花畑のランプシェード


CA3H1744(1).jpg
CA3H1746(1).jpg
・赤い琉球ガラスを使い、波間に漂う南国のお花をイメージしてみました。
青いバージョンは梅雨の紫陽花のイメージで。



CIMG7697(1).jpg
CIMG7696(1).jpg
・『浜辺のランプシェード
浜辺を転がしたら出来上がった…そんなイメージのシェードです。
ウニの仲間の『ハスノハカシパン』の花模様がいい味出してます。



CIMG7807(1).jpg
・『浜辺のランプシェードVar.2』
こちらは貝がらの種類と電球の色を変えてみたものです。
タイコガイやヒオウギガイがなんとも暖かみのある味わいになりました。



・これらのランプシェードは下記の山陰海岸ジオパークの施設に寄贈させていただいています。
お近くにお寄りの際はぜひ素敵な景色も一緒に楽しんでみて下さいね。

・また、今のところ販売はしておりませんが、実は意外と簡単に作ることができます。海の思い出をお部屋の中でも楽しんでみませんか…?
次回は作り方を写真付きで載せたいと思っています。どうぞお楽しみに♪

・海のランプシェード寄贈施設(敬称略)
渚交流館/なぎさこうりゅうかん
http://www.iwami.gr.jp/dd.aspx?menuid=2447
浦富海岸の自然体験施設です。
シーカヤック、シュノーケルなどの体験受付、ダイビングや遊歩道でのジオガイドなどの紹介を行っています。(HPより)
電話 0857-73-0118
(休館日) 月曜、12月29日~1月3日
 ※月曜が祝日の場合は翌日振替
 ※7月20日~8月31日の期間は無休


山陰海岸学習館
http://site5.tori-info.co.jp/p/museum/gakusyukan/intro/3/
山陰海岸学習館は『山陰海岸ジオパーク』の魅力をさまざまな資料や映像で紹介しています。体験学習コーナーでは山陰海岸の砂や生きものを観察することができ、さまざまな学習相談にもご利用いただけます。また、年間を通して、野外観察会や自然講座なども行っています。(HPより)
〒681-0001 鳥取県岩美郡岩美町牧谷1794-4
鳥取県立博物館付属『山陰海岸学習館』
電話:0857-73-1445 FAX:0857-73-1446
(開館時間)9時~17時 (7月~8月の毎週土曜日は18時まで開館)
(休館日)毎週月曜日・国民の祝日の翌日(月曜日が祝日の場合は翌平日に振替休館)
・年末年始(12月29日~1月3日)
※7月20日~8月31日の間は毎日開館


新温泉町 山陰海岸ジオパーク館
http://www.sanin-geoparkkan.jp/
館内では山陰海岸ジオパークについて学習できるパネルなどの展示物やジオツアーの案内などがあります。
さらに、鳴き砂体験や山陰海岸ジオパークエリア内の多種多様な岩石なども展示しています。(HPより)
兵庫県美方郡新温泉町芦屋水尻
電話 0796-82-5222
(開館時間) 9:00~17:00
(休館日) 火曜日休館(臨時休館あり)
(入場料) 無料
(アクセス) JR浜坂駅から徒歩20分


★いつもご訪問ありがとうございます♪足跡がわりに画像↓をぽちっと押してくださると嬉しいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
(ハンドメイドアクセサリーブログ)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
にほんブログ村
(海辺の暮らしブログ)

テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

春の雪

・皆様は『雪』好きですか…?
ウインタースポーツをする方は好きかもしれませんね。
ちらちらひらひら降ってると綺麗ですが、油断するとドカッと降るととんでもなく大変な雪。

今年はまれに見る豪雪年だったようで、普段はほとんど降らない関東も積雪があったようです。

私の生まれ故郷も、ほとんど雪は降りません。
数cmでも積もろうものなら、あっという間に交通はストップ!大騒ぎになります。



・さて、こんな『雪』ですが、私は寒いのは苦手ですが雪を眺めるのは大好きなのです(笑)
粉のような雪・鳥の羽のような雪・花びらのような雪……
現在住んでいる所は豪雪地帯ですのでさまざまな雪を見る事ができます。

765_21.jpg

・これは『雪眼鏡』といいます。大きさは4cmほど。『小さな虫眼鏡』といった感じでしょうか…?
デジカメやスマートフォンにくっつけて雪の結晶写真を撮ることもできるみたいです。
これを書いてる今はもう春ですが、雪の季節にいかがですか?
***雪眼鏡***
(↑こちらのサイトさんで購入できます)

・そして何よりも『雪の結晶!』このブログの壁紙やお店の名前にするくらい大好きなんです。
自然が作り出す美しい氷の花。
こんな『雪の花』をアクセサリーにしてみました。

CIMG7065(1).jpg

・アンティーク風の鍵チャームに淡い水色のガラスナゲットを合わせました。
ガラスナゲットは手作りですので、すべて色が微妙に違います。

CIMG7064(2).jpg

・よく見るとキラキラな雪の結晶見えますか…?

CIMG7063(1).jpg

・横から見た図。実際はこちらにバイオリンチャームと革紐が付きます。

こんな雪の結晶アクセ。今のハイネックにも良いですが、夏のワンピースにも合いそうです。


只今個展開催中です!!
鳥取県鳥取市の下記のカフェ・ギャラリースペースにて作品展示&即売しています。

『山陰ジオパークの恵み展』

場所:服部珈琲工房(安長店)内ギャラリースペース
日時:2014.3/1~3/31(服部珈琲工房営業時間に準ずる)
住所:鳥取県鳥取市安長258-1-2
TEL/FAX:0857-24-3515
http://www.hattori-coffee.co.jp/index.htm


大きな地図で見る

その他、ピアスやネックレスなどのアクセサリー、流木を使ったインテリア雑貨など新作盛りだくさんです♪
多数のご来店お待ちしております。


★いつもご訪問ありがとうございます♪足跡がわりに画像↓をぽちっと押してくださると嬉しいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
(ハンドメイドアクセサリーブログ)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
にほんブログ村
(海辺の暮らしブログ)

テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

三寒四温

・暖かい日があるかと思えば雪が降るような寒い日があったりと天気がころころ変わる毎日です。

・お知らせが遅くなりましたが只今個展開催中です!!
鳥取県鳥取市の下記のカフェ・ギャラリースペースにて作品展示&即売しています。

『山陰ジオパークの恵み展』

場所:服部珈琲工房(安長店)内ギャラリースペース
日時:2014.3/1~3/31(服部珈琲工房営業時間に準ずる)
住所:鳥取県鳥取市安長258-1-2
TEL/FAX:0857-24-3515
http://www.hattori-coffee.co.jp/index.htm


大きな地図で見る


CIMG7019(1).jpg
シーグラスや貝がら、ガラスナゲットなどをハンダ着けし、ステンドグラス風のキャンドルホルダーを作ってみました。

CIMG7034(1).jpg

CIMG7037(1).jpg
・市販のティーライトキャンドルを入れて点灯した様子です。シーグラスを通した柔らかい光がなんとも言えません(*´ω`*)


CIMG7016(1).jpg
・こちらは小粒のシーグラスと淡水パールを組み合わせた2連のブレスレット。年中問わず着けれる人気の品です。
その他、ピアスやネックレスなどのアクセサリー、流木を使ったインテリア雑貨など新作盛りだくさんです♪
多数のご来店お待ちしております。


★いつもご訪問ありがとうございます♪足跡がわりに画像↓をぽちっと押してくださると嬉しいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
(ハンドメイドアクセサリーブログ)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
にほんブログ村
(海辺の暮らしブログ)

テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

菫 雪華

Author:菫 雪華
***シーグラスとビーチクラフトのお店-Cafe*SNOW*FLOWERS-にようこそ***

★兵庫県の山陰に住んでいます。海は家からすぐ。散歩がてらビーチコーミングしてます。
山陰ジオパークのビーチグラス(シーグラス)の美しさに惹かれ、アクセサリー作りをはじめました。
ビーチグラス(シーグラス)アクセサリーショップ『Cafe*SNOW*FLOWERS』代表をしております。

---ビーチグラス(シーグラス)とは…過去、海に投棄されたガラスが波によって丸みを帯び、美しく形を変えた物を言います。それらを使い、アクセサリーに仕立てています。また、流木・陶片・貝殻を使ったビーチクラフトもやっています。

★他、透明樹脂レジンを使った物・レースやフランス刺繍・スイーツモチーフのアクセサリーなどを作っています。 関西~山陰を中心にイベント等で販売中。イベントは随時、ブログ・Twitterでお知らせします。

※作品は、一つ一つ心を込めて制作しております一点ものです。売り切れの場合はご容赦下さい。また、デザイン・色が変わる場合があります。

★当、作品を委託販売or展示して下さる方を現在募集しております。

★関西~中国圏内の可愛い美味しいカフェや雑貨屋のレポや季節の果物を使ったジャム、可愛いお菓子、美味しくて健康になるご飯日記もあります♪

☆follow me♪☆
https://twitter.com/cafe_snowflower

雪が3Dで降るブログパーツ ver2

マウスで見る方向変えられます

カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。